指導方針


ホームグランド
荒子小グランド map

練習会場
荒子小グランド
荒子小体育館 map
荒砥中グランド  map
大胡総合サッカー場 map


入部申込書

指導方針                                      代表 飯嶋 伸彦          


サッカーをはじめとするスポーツ全般において、6歳から12歳の小学生時代は『ゴールデンエイジ』(即座の習得)呼ばれる年代です。

サッカーにおける重要な要素である『技術(ボールコントロール)』、『判断力(ブレイン)』、『身体体幹能力(ボディーバランス)』の3つの基礎を習得することが大切です。

特に技術、とバランスに重点を置き『団子サッカーから」』個の能力を開発するためドリブルを中心に指導します。

ボールを放す(パス)より個人技術(テクニック)の習得重視で、ボールを持つことの楽しさを基本とし、選手の自発能力の開発を促します。


勝敗を決めるスポーツである以上 「勝に拘る」 ということは大切です。

しかし、少年期において、私たちは試合に勝つことがすべてではなく、その内容と成果が重要だと考えています。

絶対に勝つとかでなく、冒険心を旺盛にもち、チャレンジとエラーを繰り返し自立できる選手になってほしいと願い指導します。

そして、サッカーを通じて思いやりの心や、何事にも一生懸命できる気持ち、フェアな精神を養える、そんな環境を提供します。


いろんな方から刺激を受けて、子供たちに伝えます。

ドリブルはディフェンス力を養うんや!規律は守らなきゃあかん!
大阪FCリアン谷本さんは自分と全く違った方向から選手を見てる。

http://www.fcliens.jp/

小さな完成より、大きな未完成(FCエナブルブログより)
東北のこだわりを持つチーム代表碓井さんから刺激を受ける。

http://fcenable.seesaa.net/

エナブル上層組織、聖和学園の加見先生は麻衣の恩師
http://seiwagakuen2003.blog41.fc2.com/

町田の原田さん
今まで知らなかった、自分が居心地の良い気持ちになれる方々に出会わせてくれる。感謝!
もちろん、こだわりのドリブルも凄い。

http://machidajfc.jp/